このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第406回

業界に痕跡を残して消えたメーカー データベースソフトdBASE IIで成功し会社経営に失敗したAshton-tate

2017年05月08日 11時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回のBorland Internationalでも名前が出てきたAshton-tate。実はこの会社に関してはわりとその経営方針が「悪い意味で」有名である。

Ashton-tateの代表作「dBASE II」

 Merrill R. Chapman氏の著書“In Search of Stupidity: Over Twenty Years of High Tech Marketing Disasters”の第5章では、なぜ同社が凋落したのかを事細かに説明してあり、「この本読んでください」で説明が終わってしまうのだが、それだと編集部から石が飛んできそうなので、きちんと説明したい。

 ちなみにこの本、邦訳(「アホでマヌケな米国ハイテク企業―エクセレント・カンパニーを崩壊に導いた、トホホなマーケティング20年史」)も出版されている。

スポーツくじの賭け率計算のために
私用で開発したデータベースソフト

 Ashton-Tate Corporationの元になるSoftware Plusという会社は1980年に設立された。創業者はGeorge Tate氏とHal Lashlee氏の2人であるが、彼らはすでにDiscount Softwareというソフトウェア小売メーカーと、Software Distributorsというソフトウェアの卸売メーカーを立ち上げ、それぞれうまくいっていた。

 この2社があるにも関わらず3社目を作った理由は、新規のソフトウェアを製造・販売するためである。今でこそ、コンビニで自社ブランド製品が派手に売られているが、1980年当時はまだ流通・小売業とメーカーは明確に分かれているのが普通だったので、改めて3社目を興した形だ。

 このSoftware Plusを興した理由は、当時マーチン・マリエッタと契約してJPL(Jet Propulsion Laboratory:ジェット推進研究所)で勤務していたWayne Ratliff氏が開発したVulcan、というデータベースソフトを販売するためである。

 もともとのVulcanの目的はスポーツくじの賭け率の計算のため(これは本人がスポーツくじが大好きだったらしい)だが、完成させてみたら「市販できるんじゃないか?」と思ったらしい。かくしてBYTEの1979年10月号に、490ドルという価格をつけて広告を出した。

ちなみに“In Search of Stupidity”によればこれは50ドルで販売されたとなっているが、これを見る限り1桁間違えている模様

 このVulcanは、実際に販売してみるとそれなりに評判が良かったらしいが、Ratliff氏は突如として受注や出荷、サポートといった業務に忙殺されることになった。画像にあるSCDP(Software Consulation Design and Production)なる会社の実体はRatliff氏個人であって、しかもJPLの仕事をしながらの片手間では到底手が回らない。

 そこでRatliff氏はTate氏に話を持ちかける。Tete氏とLashlee氏はVulcanに可能性を見出し、ただちに独占販売契約を結ぶ。当時すでにSoftware Plusは存在しており、ここでの販売を考えていたが、問題はSoftware Plusそのものはあまり成功していなかったことで、そこでこのVulcanを大々的に売り上げるべく社名をAshton-tateに、製品名もdBASE IIに変更する。

 ちなみにAshton-tateの“tate”はTate氏から取ったものだが、Ashtonの方は架空の名前である。これは、イギリス風の響きがあるということらしい。また、Lashlee氏が名前を出すのを嫌がった、という事情もあるようだ。

 またVulcanの方はStar-Trekから取られたらしいのだが、問題は当時Harris Corporationが自社のシステム向けのOSにVulcanという名前を使っていることで、名前の混同を避けるために別の名前が必要になった。

 当時Software Plusを担当する広告会社にいたHal Pawluk氏がdBASEという名前を提案、さらに「あたかもSecond Versionで安定性が増し機能が増えたかのように思わせる」目的でIIをつけることも提唱、結果dBASE IIという名前になった。

 ちなみにVulcanそのものは、元々JPLで利用されていたJPLDIS(JPL Data Information System)というソフトウェアにヒントを得たものだ。ただJPLDISはUnivac 1108という大型のシステムで動いていたが、Ratliff氏はこれをCP/Mが動く8080/Z80マシン向けにアセンブラで移植した。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン