このページの本文へ

アクセシビリティ対応が捗る自動チェックツール「aXe」って知ってる?

2017年05月01日 19時28分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

アクセシビリティ対応は面倒だなと後回しにしているなら、自動チェックツールを試してみたら?

最近作成したWebサイトをデザインしたとき、特別なニーズや障害のある人にとってサイトがアクセシブルになるためにどのくらいの時間と労力を使いましたか。たぶん、多くの答えは「なにもしていない」だと思います。しかし、インターネットユーザーの中には、色を区別したり、テキストを読んだり、マウスを使ったり、あるいは、単にWebサイト構造が複雑でナビゲートするのに問題があるために、サイトのアクセスに苦労する人がたくさんいることを否定する人はいないと思います。

アクセシビリティへの配慮は、チェックしたり、解決策を実装したりするのに労力がかかるので、無視されがちです。Web開発者は根本となる基準を知っておくだけでなく、その基準が満たされているか常にチェックしなければなりません。自動的に基準をチェックして、もっと簡単にアクセシブルなWebサイトをつくれないでしょうか。

この記事では、作成するサイトやアプリケーションでアクセシビリティの問題を自動的にチェックしたり、レポートしたりするaXeライブラリーと関連ツールの使い方を紹介します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング