このページの本文へ

ファーウェイ通信第47回

母の日&父の日のプレゼントにも!

家族に勧めたいファーウェイのSIMフリースマホはコレだ!!

2017年05月12日 11時00分更新

文● 加藤肇 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プレミアム感のある5型の小型筐体は男性にも向いている
「HUAWEI nova」

 続いては、父親へのプレゼントに最適なモデルを紹介しよう。本体背面のメタルの質感が印象的で、プレミアム感が感じられる「HUAWEI nova」だ。

5型のコンパクトボディーにプレミアムなデザインと性能。貴重な存在の「HUAWEI nova」

 HUAWEI novaは主に若者をターゲットにしたシリーズだが、父親世代にもオススメだ。その理由は充実したスペック。CPUには、クアルコム製のオクタコアCPU「Snapdragon 625」(2GHz)を採用し、メモリーは3GBを搭載。また、フルHD(1920×1080ドット)解像度の5型ディスプレーや指紋認証センサーも搭載しており、ビジネスシーンで求められる快適な操作感とセキュリティーの高さを備えている。

横幅は70mm切りの約69.1mm。片手でも使いやすい

 また、約7.1mmという薄型ながら、3020mAhの大容量バッテリーを搭載する点にも注目したい。標準的な使い方ならば約2日間の使用が可能で、外出先でもバッテリー残量を気にする必要はほぼない。5V/2Aの急速充電にも対応しているため、充電の手間をとりわけ面倒だと感じがちな父親世代でも使いやすいわけだ。

カメラの画素数は12メガだが、大型センサーで暗所にも強い。薄型でシャープな印象のある側面

 前述したように薄型の本体は、背面のメタルの質感もあって、全体的にシャープな雰囲気が感じられるデザイン。約69.1mmという横幅はコンパクトで、片手での操作も楽にできる。現在のスマホ市場では大型端末が主流になっているが、「あまり大きすぎても困る」という人には特にオススメだ。

 カラバリはミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色。さすがにローズゴールドは男性には持ちにくいかもしれないが、残りの2色は落ち着いた色合いのため、男性でも持ちやすいはず。ビジネスの場であってもしっくりくるデザインもポイントだ。

カラバリは今回撮影に用いたミスティックシルバーのほかに、チタニウムグレーとローズゴールドが用意されている

さらにワンランク上の性能と高級感を求めるなら
マットなブラックが大人の雰囲気の「HUAWEI Mate 9」

 さて、ビジネスにも適したSIMフリースマホとしては、ファーウェイのフラグシップモデル「HUAWEI Mate 9」も紹介しておきたい。

さらにワンランクの性能を求めるなら、この「HUAWEI Mate 9」にも注目だ

 HUAWEI Mate 9は、現行モデルで最速クラスのオクタコアCPU「Kirin 960」(2.4GHz×4+1.8GHz×4)などにより抜群の処理性能を誇り、快適な操作感を実現。また、高精細かつ広色域なフルHD(1920×1080ドット)解像度の5.9型ディスプレーや指紋認証センサーなど、ビジネスに必須の装備も搭載。さらに、高級感あふれるプレミアムな本体デザインは、フラグシップの端末を所有する喜びを与えてくれる。

5.9型液晶なので大型スマホなのは間違いないが、狭額縁で約78.9mm。大画面のメリットを活かしつつ、片手でも十分持てる

 HUAWEI Mate 9については前回の記事で詳しく紹介したが、ビジネスに適した機能を豊富に搭載している。名刺からの連絡先情報の読み取り、書類の保存、会議の録音など、これ1台で快適にこなせるのは大きな武器となる。

今回撮影に用いたシャンパンゴールドも高級感があるが、ビジネスシーンにより合うカラバリとなると、こちらのブラックだ

 もちろん性能が高い端末だけにプライベートでも大活躍してくれる。Leicaとのコラボによるダブルレンズカメラは、1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーとの組み合わせにより、被写体のディテールを正確に捉えた写真を撮影可能だ。

Leicaとのコラボによるダブルレンズカメラは第2世代に進化し、その画質は評価も高い

 その画質はコンパクトデジカメを凌駕するほどで、素人でもひと目でわかる美しさ。以下は、HUAWEI Mate 9で撮影した作例だ。

 なお、カラバリのシャンパンゴールド、ムーンライトシルバー、ブラックの3色だが、父親へのプレゼントならば特にブラックをオススメしたい。マットな表面処理が実にシックで、スーツによく似合う。大人向けのスマホとして貴重な存在なのだ。

この連載の記事