このページの本文へ

面倒なソーシャルログインをLaravelでサクッと実装!Socialiteが便利だ

2017年04月28日 19時02分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

FacebookやTwitterなどのアカウントを使ったソーシャルログイン(SNSログイン)。個別に実装しようとすると結構手間ですが、Socialiteを使えば実装の手間を減らせますね。

Laravel Socialiteは複雑なSNS認証を高機能で使いやすいインターフェイスとして手軽に組み込めるパッケージです。

SocialiteがOAuthプロバイダーとしてサポートしているのはGoogle、Facebook、Twitter、LinkedIn、GitHub、Bitbucketです。サポート対象が拡大される予定はないものの、コミュニティーが開発を進めているコレクション、Socialite Providersを使えば非公式ですが多くのSNSをSocialiteのOAuthプロバイダーとして使えます。詳しくは、後で説明します。

この記事では、Laravelアプリケーションのインスタンスが稼働していて、コードを実際に試せる環境が整っていることを前提にしています。もし開発環境が必要なら、無料のHomestead改良版を使えます。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く