このページの本文へ

高精度の自然言語処理と学習システムで顧客サービスのチャットボットをパワーアップ

IBM Watson、LOHACOのチャットボット「マナミさん」に導入

2017年04月28日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マナミさん

 日本IBMは4月27日、アスクルのインターネット通信サービス「LOHACO」チャットボット「マナミさん」にIBM Watsonが導入されたと発表した。

 マナミさんはLOHACOの顧客問い合わせサービスのテキストベース・チャットボット。2014年より導入され、365日24時間のサービスとして提供されている。新たにIBM Watsonをベースとした対話システムを導入、自然言語解釈と学習機能を活用することで、より確度の高い答えを導き出すとともに、回答精度を高める学習プロセスの大半をシステム化・自動化して運用負担の低減を実現した。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』