このページの本文へ

外やこたつで好きなようにスケッチ

ドスパラ、4096段階の筆圧感知ペン付きWindows 10タブレット発売

2017年04月27日 13時20分更新

文● 天野透

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは4月27日、8インチWindowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を全国のドスパラおよび通販サイトで発売した。価格は4万9800円。

 Windows 10 Homeを搭載し、カバンに入るサイズのタブレットPCで、一般のパソコンと同じように普段お絵かきに使っているアプリケーションを使える。付属のスタイラスは4096階調の筆圧感知と高レスポンスの「Wacom feel IT technologies」を採用。標準芯のほかにマーカーのような描き心地のフェルト芯と、より紙に描いている感覚に近い粘り気のある描き心地のエラストマー芯が同梱する。

 また、セルシスのお絵描きソフト「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」のシリアルコードをバンドルし、購入したその日から始められる環境を整えている。

 CPUはAtom x5-Z8350。メモリーは4GB DDR3L。ストレージは64GB eMMC。ディスプレーは8型液晶(1280×800ドット)。無線は802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0。インターフェースはmicroUSB×1(給電兼用)、microHDMI×1、ヘッドフォン出力(ステレオミニ)×1、microSD(SDXC)。カメラは約200万画素がフロントとリアに各1個。サイズは幅214×奥行き128×高さ10.1mm。重量は本体が約400g、ペンが約5g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ