このページの本文へ

不在の場合には再配達の希望日時を受付ける

再配達を減らせる! 自動で電話をかけ在宅確認するサービス開発

2017年04月24日 13時20分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トレイルは4月24日、ドライバーが配達先へ近づいたタイミングで、自動で届け先へ電話をかけて配達予定を連絡するサービスを開発したと発表。

 荷受人は、電話のプッシュボタンを押すことで在宅、不在を回答できる。不在と回答した場合は、そのまま再配達の希望日時を電話のブッシュボタンで登録可能。

 在宅、不在の確認結果、および再配達の希望日時は、リアルタイムでドライバーへ通知されるという。配達予定の少し前に連絡することで、すれ違いの外出などを防止し、不在宅への配達を削減できるとしている。

 今後は不在登録時に、宅配センターへの引き取りや提携する近隣のコンビニ、宅配ボックスを指定可能となる予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

電玉バナー(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ