このページの本文へ

3D映画やVRコンテンツの鑑賞などに最適

上海問屋、全方位から音が聴こえる立体3Dサウンドイヤフォンを発売

2017年04月21日 19時19分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HDSS搭載 1DD+1ETL 3Dイヤホン」

 上海問屋は4月21日、立体3Dサウンドを体感できる「HDSS搭載 1DD+1ETL 3Dイヤホン」を発売した。

 10mmダイナミックドライバー×1と6mmETLモジュール×1を搭載するHDSS技術を採用しており、3D立体音響で作られたコンテンツでは臨場感のある3D立体サウンドを体験できる。映画鑑賞やライブの収録、VRアプリなどにも適している。

 接続は3.5mm3極プラグ、S/M/Lサイズのイヤーピースやイヤホンケースが付属する。価格は2499円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ
関連サイト