このページの本文へ

最小構成でも押さえるべきところは押さえたつくりが魅力

4万824円でこれなら十分! 意外とイケてる11.6型ノート「m-Book C MB-C250E1」

2017年04月19日 09時00分更新

文● エースラッシュ 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「m-Book C MB-C250E1」

 「m-Book C」シリーズは、ストレージ容量やメモリ容量にバリエーションをつけた数モデルが用意されているが、今回の試用機である「m-Book C MB-C250E1」は、ラインアップ中で最も低価格な最小構成モデルだ。直販価格4万824円と、普通ならば価格最優先でいろいろ諦めた構成になっていそうな設定だが、実際にはそんなことはない。

 m-Book C MB-C250E1の試用機の構成は、CPUにCeleron N3450を採用し、4GBメモリーと32GB SSDを組み合わせたものだ。この構成での基本的な性能を見るために、Windowsの快適さを評価するプログラム「WinSAT.exe」(「Windows エクスペリエンス インデックス」)の実行結果を紹介しよう。

 結果はなかなか優秀で、「プロセッサ」が「7.1」、「メモリ」が「5.9」、「プライマリハードディスク」が「7.5」というスコアが出ている。「グラフィックス」は「4.2」と抑えめだが、Windows 10の利用に支障があるようなものではない。動画制作や3Dゲームをしたいのでなければ問題のないレベルだ。ゲーム用グラフィックスについては、WinSAT.exeでは正しく計測できないため、無視して構わない。

試用機のWindowsシステム評価ツール(WinSAT.exe)の結果

ブラウジングで一時的な負荷の高まりはあっても実利用は十分快適

 m-Book C MB-C250E1で実際の利用時にどのような感触なのか、ブラウザー利用時のCPU負荷についても検証してみた。まずASCII.jpのトップページを表示した場合、ブラウザー起動時からページの読み込み時にかけて一気に負荷が跳ね上がり、一時的に100%を振り切るような状態になった。しかしその後すぐに挙動は落ち着き、10%以下の負荷率で閲覧を続けることができた。

ASCII.jpのトップページ表示では読み込み時に負荷が非常に高くなったが、すぐに落ち着いた

 YouTubeでのHD動画再生でも、やはり読み込み発生時などに一時的に負荷が100%に達することはあったが、その後は読み込みが発生する時に60~70%程度になることはあっても、再生中は20%前後で負荷は推移していた。

YouTubeのHD動画でも負荷が高まることはあったが、再生に支障はなかった

 実際に使っている感触としては、かなりキビキビしている。特にWindowsの起動時などには待たされる感がほとんどない。これはストレージにSSDを採用しているおかげだろう。ブラウジングや簡単なドキュメント作成といったライトな利用の場合、CPUの性能やメモリー容量が抑えめでも快適さを実感しやすい。

 m-Book C MB-C250E1の場合、ストレージが32GB SSDというところがミソといえる。いくらなんでも容量が少なすぎると感じる人が多いかもしれないが、Windowsアップデートを行なったのみの状態で空き容量は14GB強あった。クラウドストレージの一部フォルダだけを同期させる、ドキュメント作成にもクラウドツールを活用するといった工夫をすれば、特に不満なく使えてしまう範囲だ。

 もちろん、もう少し容量がほしいということであれば、SSD容量を増したモデルや、HDDでさらに大容量を利用できるモデルなども用意されているから、用途に合わせて選択するとよいだろう。

32GB SSDは購入時の状態で14GB強の空きがある
主なスペック
製品名 m-Book Cシリーズ
モデル MB-C250E1 MB-C250B1-S1 MB-C250X1-S2 MB-C250X2-S5
直販価格(税別) 3万4800円から 4万4800円から 5万2800円から 6万2800円から
CPU Intel Celeron N3450(1.1GHz)
メインメモリー(最大) 4GB(8GB)PC3-12800 DDR3L 8GB(8GB)PC3-12800 DDR3L
ディスプレー(最大解像度) 11.6型ノングレア(1366×768ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 500(CPU内蔵)
ストレージ 32GB SSD(SATA) 120GB SSD(SATA) 240GB SSD(SATA) 480GB SSD(SATA)
LAN機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac、最大433Mbps)、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース HDMI端子、アナログRGB端子、USB 3.0端子、USB 2.0端子×2、Bluetooth 4.2+LE
カードリーダー SD/SDHC/SDXC対応
カメラ 100万画素
キーボード 日本語87キー、ピッチ約17.5mm、ストローク約1.4mm
サウンド機能 ヘッドホン端子、マイク入力端子、ステレオスピーカー、モノラルマイク
本体サイズ 幅292.4×奥行き210.5×高さ22.7mm(折りたたみ時)
重量 約1.2kg
バッテリー駆動時間 約7時間(SSD搭載時)
OS Windows 10 Home(64bit)

マウスコンピューター/G-Tune

カテゴリートップへ

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune