このページの本文へ

さくらの熱量IoT ― 第2回

さくらインターネットのIoT共創を追う「熱量IoT」第2弾

シニア向けIoTデバイス「MAGOボタン」を手がけるMIKAWAYA21に聞く

2017年04月19日 09時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ正式サービス「sakura.io」の提供を開始したさくらインターネットのIoTへの取り組みを追う動画連載「熱量IoT」。毎回、多彩なゲストを呼んでIoTへの取り組みやさくらインターネットとの共創について語ります。

 さて、2回目はIoTで高齢者をサポートする「MAGOボタン」を開発しているMIKAWAYA21の神谷智子さんにインタビュー。MIKAWAYA21創業の背景や、30分500円の高齢者支援サービス「まごころサポート」を開始した背景、今回のMAGOボタン開発の経緯までをがっつりお聞きします。また、MAGOボタンの通信を担うsakura.ioについては、さくらインターネットの山口亮介さんにお話しいただきます。


 「熱量IoT」では今後もさくらインターネットと共にIoTの世界を切り開く人たちの熱いトークをお届けします!

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』