このページの本文へ

ドローン操縦の基礎をアプリで学べる「DRONE STAR」配信開始

2017年04月17日 20時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ORSOは4月17日、ドローン操縦者の教育を目的としたスマートフォンアプリ「DRONE STAR」の配信を開始した。

 DRONE STARは、エルロン(左右)、ラダー(旋回)、エレベーター(前後)といったドローン特有の基本操縦方法を覚え、上達のサポートを目指して開発された。

 アプリ対応の屋内専用超小型機体とあわせて使用すると、初心者でもゲーム感覚でドローンの操縦方法を学べるという。

 アプリには機体を操縦しながら基礎を学ぶチュートリアルモード、機体の位置を判定しスコア化するホバリング検定、操縦テクニックを競えるミニゲームモード、機体搭載のカメラ映像をスマートフォンに映すFPVモードを収録。

起動手順や操縦方法、注意事項などをアニメーションを見ながら覚えるチュートリアルモード

 対応OSはiOSが8.0以降で、Androidは5.0以上。

 対応機体の「DRONE STAR 01」は、先行予約分の出荷が完了しており、現在は第2次販売分の予約受付を公式ホームページにて受け付けている。価格は1万5000円で、5月中旬から順次発送予定。

 スペックは以下のとおり。

DRONE STAR 01

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ