このページの本文へ

世界初、複数の属性検出を可能

ジョリーグッド、360度VR映像と音声を解析する人工知能エンジン「VRCHEL」を開発

2017年04月17日 18時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジョリーグッドは、独自のアルゴリズムで360度VR映像と音声、写っている物や人、企業ブランドに加えて、シーン構成、雰囲気までも解析できる、世界初のVRコンテンツ解析人工知能エンジン「VRCHEL」を開発した。

VRCHEL

 VRCHELはメディアビジネスのためのAIで、人工知能が可能な解析や学習技術をメディアビジネスの加速・拡大に活かしやすく設計されている。既存ビジネスフローを短縮し、言語や業種を超えたメディアビジネスの拡大を実現するという。

 これまでの映像解析では写っている物の認識しかできなかった。しかし、VRCHELは、パターン認識や機械学習によって、映像の解析や音声認識、自然言語処理などの同時処理が可能。コンテンツの内容を詳細に把握できるという。

 また、VRCHELはユーザーの視聴行動を学習し、認識率を永続的に高められる。さらに、国や業種ごとの趣向や視聴パターンから最適なコンテンツや情報のマッチングも可能としている。

 ジョリーグッドは、このVRCHELを使用した新サービス第1弾を、アメリカ・ラスベガスで開かれる、国際放送機器展「NAB SHOW」にて4月25日に発表する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!