このページの本文へ

AIによる緊急情報配信サービス「FASTALERT」

SNSで話題の緊急事件などを検知するサービスの新Ver.リリース

2017年04月14日 14時05分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JX通信は4月13日、SNSから事件・事故・災害などの緊急情報を検知するサービス「FASTALERT(ファストアラート)」の報道機関向け新バージョンを正式リリースした。

 FASTALERTは、AI活用により、SNS上の少ない手がかりから「いつ・どこで・何が起きたのか」を高い精度で判定するシステムだ。

 たとえばTV局の場合、同サービスでの第一報覚知を起点に、報道ヘリや中継車の出動、警察・消防当局などへの確認取材をスピーディーに実施。いち早く速報を伝えることなどに活用できるという。

 2016年9月から有償β版を提供。今回の新バージョンでは、さらに解析精度を向上しインターフェースも一新した。

 今後も同社は、報道分野のさまざまな課題をテクノロジーで解決すべく、開発を進めていくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ