このページの本文へ

AOTECH「AOK-M2DPCIE4WF」

M.2 SSDが2枚同時に使える小型ファン搭載のPCIe変換基板

2017年04月13日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アオテックから、M.2対応SSDの冷却アイテム「AOK-M2DPCIE4WF」が登場した。パソコンショップアークとオリオスペックで販売中だ。

PCI Express x4に対応する、M.2対応SSDの冷却アイテム「AOK-M2DPCIE4WF」
3

 「AOK-M2DPCIE4WF」は、PCI Express変換基板に小型の冷却ファンを搭載したM.2対応SSDの冷却アイテム。基板上にSerial ATA(Key B)とNVMe(Key M)2つのM.2スロットが用意されており、最大で2基のM.2 SSDを同時に利用できる。

基板上にSerial ATA(Key B)とNVMe(Key M)2つのM.2スロットを搭載(SSDは搭載イメージ)。最大で2基のM.2 SSDを同時に利用できる

 本体に備えられた小型のブロアーファンでSSDを冷却する仕組み。インターフェースはPCI Express x4。対応するM.2 SSDはType 2242/2260/2280/22110形状で、フルハイト用とロープロファイル用のブラケットが付属する。SSD本体に取り付けるサーマルパッドなどはないため、別途追加で冷却効果の向上を図るのもアリだろう。

小型のブロアーファン。SATAコネクター側に排気する構造で動作音は静かとのこと

 価格は3240円だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中