このページの本文へ

廣田氏がTERAの魅力を伝えに来てくれたが、ハッチはムーングレイバーに釘付け

美人すぎるムーングレイバーがASCII編集部にやってきた!

2017年04月14日 12時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TERA 日本運営プロデューサーの廣田 瞬一氏がリアルムーングレイバーをひきつれてASCII編集部にやってきた!

 ゲームオンが運営するMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」(以下、TERA) で、4月12日に新クラス「ムーングレイバー」が実装された。ムーングレイバーは、キャスタニック種族の女性限定の新クラスで、長い槍のような武器「グレイブ」を振り回して広範囲に攻撃できる。また、攻撃するとするとたまる「月光痕」と「ルナティックゲージ」が溜まり、これを使用してさらにド派手なアクションを繰り出すことができる。ムーングレイバーの詳細はプレイレポートを参照してほしい。

ムーングレイバー

 そんなムーングレイバーとTERAの魅力を改めて伝えるため、4月8日の>先行体験会で日本運営プロデューサーに就任した廣田 瞬一氏が、リアルムーングレイバーを引き連れてASCII編集部にやってきた。

説明が頭に入らない……
ジサトラハッチもセクシーなムーングレイバーに釘付け

リアルなムーングレイバーの衣装をまとった伊織 もえさん。先行体験会の公式ニコニコ生放送ではかわいい! と終始話題の中心だった

 廣田氏とムーングレイバーが編集部に来たとき、ムーングレイバーが来ているという情報を聞きつけてジサトラハッチが現れた。廣田氏がせっかくだからハッチにもTERAの魅力を伝えようとするが、説明そっちのけでムーングレイバーに握手をしようとするハッチ。しかし、ムーングレイバーは“悲しい過去を持つ女性”なので、そんなに簡単に心を許すわけもなく、ハッチの握手しようとする手を振り払った。

握手を求めようとするハッチ警戒心が強く振り払われてしまった
ジサトラハッチにTERAの魅力を説明する廣田氏。しかし、ハッチの目線の先は資料じゃない気が……

 廣田氏が説明を続けるものの、ハッチの目線はムーングレイバーに。それに気付いたムーングレイバーは、グレイブでハッチに襲い掛かった! しかし、せっかく魅力を伝えに来たのに、伝える相手がいなくなってしまっては困ると思った廣田氏が必死に止めに入った。なんとか助かったハッチは、反省して廣田氏の説明をしっかり聞くことに。

グレイブを振り下ろそうとするムーングレイバー、なぜか真剣白刃取りをしようとするハッチ
真剣白刃取りできるわけもなく、斬られるハッチ
身をていしてハッチを守る廣田氏
なんとか仲直りをして、廣田氏の説明を聞くことに

 廣田氏は改めてTERAの魅力を説明。TERAは、フリーターゲッティングシステムを採用するアクションを、基本無料で堪能できるファンタジーMMORPG。ムーングレイバーを含め、特徴ある7種族13クラスを選択できるほか、細かくキャラクターメイキングできるため、自分だけのオリジナルキャラクターを作成してプレーすることができるという。

改めて廣田氏にTERAの魅力を聞いた

 また、種族やクラスにはそれぞれの物語がある。1クラスを最強にするという楽しみ方もあるが、様々なクラスを使用することで、TERAの世界観をより深く楽しむことができる。

 ムーングレイバーは4月12日に実装されたばかり。TERAプレイヤーも、いまからTERAを始めたいと思っている人も、ムーングレイバーの美しく舞うようでかつド迫力のアクションを満喫してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中