このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

キヤノンのお買い得デジタル一眼を使い倒すテクニック ― 第1回

Wレンズキットが4~5万円台のキヤノン「EOS M10」&「Kiss X7」のお買い得をチェック!

2017年04月17日 12時00分更新

文● 周防克哉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 今、レンズ交換式のデジタルカメラですごくお買い得だと思う機種が2機種ある。

 どちらもキヤノンの製品だが、1つはミラーレス一眼の「EOS M10」。ボディーのみの価格は最安値なら3万円を切る。

 もう1機種はデジタル一眼レフの「EOS Kiss X7」。こちらはボディーのみの最安値は4万円を切る。

 どちらも発売時期は少し前だが、れっきとした現行ラインナップ機種だ。どちらも撮像素子がAPS-Cサイズながら、この価格はお買い得と言えるだろう。

「EOS M10」と「EOS Kiss X7」

 本特集では、この2機種を使ってさまざまな撮影を試してみる。今回はそれぞれの機種について紹介していこう。

デジカメは新旧より何をどう撮るかで選べば
安い機種でも問題ない!

 デジカメのサイクルは早い。毎年のようにモデルチェンジがあったり新機種が発売されているので、いつチェックしても新機種だらけだ。

 気になる新機種が出てきたと思ってチェックしていても、気がついたら型落ちになっていることもよくある話だろう。

 新しい機種が発売されるということは従来モデルの値引き率が上がり、安く買えるようになる。では、値引率のよくなった旧モデルは買いなのだろうか。

 新機種が発表されるごとにレビュー記事を書いては新機種のこの機能は素晴らしいとか、もう旧モデルには戻れないような事をよく見かけるし、自分も書いていて、大体正しいが絶対ではない。目的があってそれに見合うのなら旧機種でも問題ない。

 どんなに新機種でAFスピードが速くなっても、4K動画が記録できるようになっても、動く被写体を取らなかったり、動画を撮らないなら必要のない機能だ。

 もちろん、この先動き回る被写体を追いかけ回す事になったり、動画を撮るのが大好きになる可能性はあるが、今出ている新機種でさえも1~2年したら旧機種になるのだ。必要になってから購入を考えたほうがいいだろう。

 誰もが潤沢な資金を用意できるわけではないし、可能な限り安く買えたほうが他に交換レンズやアクセサリーを購入できるので撮影そものは充実する可能性もある。

 ギリギリの予算で標準ズームキットの最新モデルを購入するのと1世代型落ちでもダブルズームキットで購入するのでは撮影可能な領域が大きく変わってくる。

 動きの速い被写体を追いかけて撮るようなシーンでは型落ちのミラーレス機ではちょっとしんどい面もあるが、一眼レフならプロのスポーツ選手を狙うような場合でなければ十分なAF性能はあるし、日常的な撮影や旅行等がメインならそれこそ高機能なデジカメは必要ない。安価で携帯性に優れた簡単操作なデジカメのほうが断然使いやすい。

 最近のデジカメは撮るだけならもう十分な性能で確実にそれなりの綺麗さで記録することはできるので余計な機能を望まないなら最新モデルではなく、型落ちして安くなっているデジカメを狙うのも悪くない。

 もちろん機能面で最新モデルにかなわない面もあるが、写真の出来具合は決してそこでは決まらない。多くの場合はテクニックと工夫で良い写真はいくらでも撮れるのだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART