このページの本文へ

脱ネイティブ!Googleが推進する「PWA」にたった数時間で対応する方法

2017年04月13日 15時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Googleが昨年発表した、Webアプリをネイティブアプリのように使えるようにするしくみ「PWA(Progressive Web Apps」が話題です。既存サイトをPWA化する方法をサンプルコードをもとに解説します。

ここ最近はプログレッシブWebアプリ(Progressive Web Apps、PWA)の話題をよく耳にするとともに、これが未来のWebなのかどうかが議論の的になっています。ネイティブアプリ vs PWA論争に加わるつもりはありませんが、PWAがモバイルデバイス対応を強化し、ユーザーエクスペリエンスを向上することだけは確かです。2018年までにはモバイルからのアクセス数がほかのすべてのデバイスからのアクセス数を上回ると予測されるなかで、どうしてこの流れを無視できるのでしょうか。

良いニュースは、PWAの作成は難しくないということです。実際のところ既存のサイトをPWA化することも可能です。これこそ本記事で紹介することです。この記事を読み終えるころには、ネイティブアプリのように扱えるWebサイトが手に入り、オフラインでも動作し、ホーム画面にはアプリアイコンを置けるのです。

PWAとは?

PWAは、Web技術における画期的なイノベーションです。Webアプリをモバイルデバイスでネイティブアプリのように動作させるための技術から成り立っているのがPWAです。開発者とユーザーにもたらす数々の恩恵のなかには、Webだけ、あるいはネイティブアプリだけといった、それぞれ特有の制約を解消してくれます。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く