このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第504回

春の神社で招き猫と狐とツキノワグマ……的な猫

2017年04月14日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
稲荷で出会ったキリッとした黒猫。黒猫は明るすぎず暗すぎず、猫をうまく表現できる露出で撮るのがポイント。それから、目が開いていること。目が大事(2017年2月 富士フイルム X-T2)
稲荷で出会ったキリッとした黒猫。黒猫は明るすぎず暗すぎず、猫をうまく表現できる露出で撮るのがポイント。それから、目が開いていること。目が大事(2017年2月 富士フイルム X-T2)

 前回はお寺で出会った猫だったので、今回は神社で出会った猫。安易な展開ですみません。

 まずは猫と猫と猫と猿。

 とある神社を詣でたとき、拝殿に巨大な招き猫が2匹鎮座していて、招き猫なんだけど、右手、いや右前足をまっすぐ上に上げてるから「はいっ」と手を上げてるように見えて、ちょっと面白かったのでカメラを向けたら、その手前に白猫がいて「なんだこいつは」って顔でニラまれたという図。

 この白猫、最初は丸くなって寝てたこともあって、招き猫に目がいっちゃって存在に気づかず、不用意に近づいちゃったのだ。で、白猫がのそっと起き上がって「あ、リアル猫もいた」と気づいた次第。思わず撮影。

 こういう面白いシャッターチャンスを見逃さずに済んでよかった。

招き猫と招き猫と白猫と猿。この神社は何度か訪れているけど、こんないい場所に猫がいてくれたのははじめて。細かいセッティングする間もなく慌ててシャッターを切ったので、ちょっと白猫が白くトんでしまった。黒猫と白猫はちょっと難易度が高い(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)
招き猫と招き猫と白猫と猿。この神社は何度か訪れているけど、こんないい場所に猫がいてくれたのははじめて。細かいセッティングする間もなく慌ててシャッターを切ったので、ちょっと白猫が白くトんでしまった。黒猫と白猫はちょっと難易度が高い(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)

 もうひとつ「猫と猫」をいこう。

 こちらはまた別のとある神社の話。

 たまたま近所を自転車で通りかかったとき、そういえばここの神社をまだ訪問していなかったなと思い出して寄り道して足を踏み入れてみると、神楽殿(だと思う)の隅に猫がいたのである。

隅っこに猫。見つめ合ってしまった(2017年3月 富士フイルム X-T2)
隅っこに猫。見つめ合ってしまった(2017年3月 富士フイルム X-T2)

 きりっとした顔をしたよいハチワレのキジトラ猫である。

 その猫が立ち上がってつつつっと歩いていったのでそちらを追うと、またまた猫発見。

 しかもデカくて白くて固くて動かない猫。

 塀の上でにょほーんとくつろいでる。

 最近作られたらしい石の猫である。いやあびっくりした。こんな猫がいるとは予想だにしなかったもんで。

猫と猫。白くてデカくて固い猫とハチワレのキジトラが右隅におります(2017年3月 富士フイルム X-T2)
猫と猫。白くてデカくて固い猫とハチワレのキジトラが右隅におります(2017年3月 富士フイルム X-T2)

 この神社、よく見るとこんな感じの猫石像が何ヵ所かに置かれている。神社の由緒書きを見ても神社の名前もこのあたりの歴史を見ても、特に猫と縁があるように見えないので、もしかして、今の神主さんが単に猫好きなのかもしれない。

 いやあ、猫系の神社やお寺は機会があればチェックしてたんだけど、ここはノーマークだったわ。びっくり。

 街の神社って個性があって面白いですな。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

女子モテ☆ハロウィンPC自作に挑戦in大阪

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART