このページの本文へ

データ保護とサイト保護の強化、次世代ハードウェアにも対応など、VMware vSAN 6.6

「VMware vSAN」最新版、データ暗号化機能やSSD高速化など

2017年04月13日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヴイエムウェアは4月12日、SDS(Software-Defined Storage)ソフトウェアの最新版「VMware vSAN 6.6」を発表した。ネイティブHCIセキュリティ(データ暗号化)機能が追加されたほか、クラウドベースのヘルスチェック/分析機能、フラッシュ性能の最大50%高速化などが新たに追加されている。

「VMware vSAN」の概要。複数台のx86サーバーの内蔵ストレージを用いて仮想SANストレージを構成するソフトウェア

 VMware vSANは、仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」と連携した、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)向けのストレージソフトウェア。複数台のx86サーバー内蔵ストレージを用いて、仮想SANストレージを構成する。

 最新版のvSAN 6.6では、保存データへの不正アクセスを防ぐソフトウェアベースの暗号化ソリューション「vSAN Encryption」が追加された。暗号化処理は仮想マシン上ではなくハイパーバイザレベルで実行され、数クリックの設定だけで、vSAN上に保存されるすべてのデータが暗号化により保護される。自己暗号化機能を備えた高額なドライブを導入する必要はなく、vSAN対応の一般的なドライブから選択できるため、ハードウェアコストを削減できる。なおvSAN Encryptionによる暗号化は、vMotionやvSPhere HAなど、vSphereが提供するすべての機能をサポートしている。

 また、リモートサイト間で構築可能なストレッチクラスタの保護機能がさらに強化された。ストレージ冗長性をサイト間だけでなくサイト内(ローカルサイト)にも持たせて耐障害性を高めることができ、主要なレガシーストレージ比で最大50%のコスト削減が実現する。

 vSANの状態を監視/分析し、健全性をチェックするクラウドベースの機能「vSAN Cloud Analytics」も追加された。vSAN環境の最適化に役立つリアルタイムでのサポート通知や、アクションの推奨などをプロアクティブに実行する。

 また、各種データサービスアルゴリズムを最適化したことで、基幹アプリケーションやクラウドネイティブアプリケーションにおけるフラッシュのパフォーマンスを、最大で50%高速化する。従来からの「VMware Horizon」に加え、「Hadoop」「Citrix XenApp」「Splunk」などのワークロードもカバーする。

 また、最新ハードウェアへの対応として、インテルの次世代SSD「Optane NVMe SSD」や1.6TBフラッシュドライブなどにも対応している。

 なおvSAN 6.6の提供開始は5月5日から。1プロセッサあたりの市場想定価格は31万2000円から(税抜)となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ