このページの本文へ

「使いやすい」と言われたい!WordPressの編集画面にメタボックスを追加する方法

2017年04月12日 20時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

WordPressの編集画面にオリジナルのメタボックスを追加して、テーマに反映するまでの方法を解説。サイト独特の項目を追加して、クライアントに使いやすい画面を作れます。

自分のWebサイトやクライアントのWebサイトを作るのにWordPressを使ったことがある人、勤めている会社のWebサイトがWordPressで動いているという人なら、メタボックスを見たり使ったりしたことがあるでしょう。

SitePointでは、過去にNarayan Prustyの『Adding Custom Meta Boxes to the WordPress Admin Interface(メタボックスをWordPressに追加する)』でメタボックスについて取り上げています。この記事ではさらに2歩進んで、投稿タイプとの関連や一緒に使う方法について説明します。また、WordPressのフロントエンドのメタボックスにセーブされたデータの使い方についても取り扱います。

「投稿」にメタボックスを追加する

メタボックスを作るのに便利なPHP関数、パラメータ、アクションフックの大部分(全部ではないですが)については、先のNarayan Prustyの記事で紹介されています。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く