このページの本文へ

ASCII STARTUP 業界ポジトーク第20回

東北から仕掛ける、日本初“再チャレンジ限定”あきらめない人のためのビジコン

2017年04月20日 09時00分更新

文● 竹井智宏 編集●ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、一般社団法人MAKOTOの竹井です。起業で失敗したら、待っているのは絶望でしょうか? 私たちは全国に先駆けて経営者の再チャレンジ支援に取り組み、「何度でも再チャレンジできる社会、そして起業したい人材が失敗を恐れずにチャレンジできる社会の実現」を目指しています。今回は、その中で企画している、日本初のビジコンについてご紹介します。

 これまで、私たちは経営者の再チャレンジ支援に特化した“日本初”のファンド「福活ファンド」を福島県に作り、再チャレンジの仕組み作り(関連記事)をしてきました。しかし、再チャレンジが世の中で一般的になるには、まだまだアクションが足りません。

再チャレンジ限定のビジコン開催へ

 そこでこの度、“rebootX2017~あきらめない人のためのビジコン~”と題し、全国を対象に再チャレンジに限定したビジネスアイデアコンテストを開催することに致しました。この取り組みは、恐らく日本初!再起業や復活を目指す経営者限定のコンテストとなります。

日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016での構想発表

 前回ご紹介した“福活ファンド”では、すでに多くの再起中の経営者の方からご応募いただき、検討が進んでいます。その中の一部をご紹介すると、医療機器やロボット等の精密機器を中心とした工業が盛んな福島県の特性を活かし、先進的な“玩具”を開発中のメーカー、関東圏に近く倉庫等のコストが安いという利点を活かし“中古機器リユース”の事業化に取り組む専門商社、豊富な福島の農産物を使った6次化に取り組む食のスペシャリスト、IoT技術を使ったマーケティングで地域や小売業の活性化に取り組むITベンチャーなど、事業分野は多岐に渡ります。福島県の豊富な資源や地域特性を生かしたビジネスアイデアについて、私たちも参加し、日々活発な議論を行なっています。新しい製品、サービスの誕生をぜひご期待ください。

 また、今回募集するビジコンをきっかけに、より多くの新たなチャレンジが生まれることを、私たちは強く信じています。

日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016でのプレゼンテーション

経営者の再起支援に対する私たちの挑戦

 最後に、このコンテスト名称にもつけている“rebootX”についてご紹介いたします。rebootXとは、私たちの再チャレンジの取り組み全体を表すプロジェクト名です。福島銀行と立ち上げた「福活ファンド」から始まった経営者の再起支援において、私たちはひとつの問題に直面しました。それは、ファンド投資は、上場などを狙う起業家に限定して投資するためどうしても狭き門となってしまうことです。“起業家の再チャレンジ支援”においては、全国の倒産総数約26万社/年をカバーするどころか、ごく少数の起業家しか再起のチャンスを得られないという課題を抱えています。

 一方で、私たちのもうひとつの取り組みである“地方都市での起業家支援”では、零細規模の個人事業が多く、経済効果と雇用効果を生み出せる経営人材が少ないという課題があります。中長期で地域の経済維持していくためには、売上1億円以上を目指せるような、よりレベルの高い経営人材を必要としています。

 こうした背景から、「倒産等の失敗経験者の力を活用し、地方都市に雇用創出する」ことにより、「再起経営者に活躍の場を提供すること」、「地方都市の経営人材不足を解消すること」これら2つのテーマを一挙両得で解決する事ができるのではないかと考えました。ファンドからの投資だけでなく、再起経営者と地方企業とのアライアンスや、新規事業を立ち上げたい事業者とプロジェクトを担える経営経験者のマッチングなど、様々な支援手段を模索しています。

「失敗経験者こそ、日本における未活用資源」です!

 このソーシャルイノベーションが、”にっぽんの将来をつくる” 起死回生の一手になると、私たちは確信しています。

■関連サイト
rebootX

竹井智宏(一般社団法人MAKOTO代表理事)

著者近影 竹井智宏

1974年生まれ。東北大学生命科学研究科博士課程卒。2011年7月東日本大震災を契機に一般社団法人MAKOTOを設立。同月、米国カウフマン財団のカウフマンフェローに選出される。東北の起業家支援に力を入れ、日本初の再チャレンジ特化型ファンド「福活ファンド」を組成し、起業家の投資育成活動を展開。起業環境作りとしては、世界の若手起業家約12000人でつくる「EO(アントレプレナーズ・オーガニゼーション)」の東北支部「EO東北」の立上げに尽力。2015年、日本ベンチャーキャピタル協会より「地方創生賞」を受賞。2016年、日本財団より、日本で10人の「ソーシャルイノベーター」に選出。東北大学特任准教授(客員)。

■お知らせ
“rebootX2017~あきらめない人のためのビジコン~”募集。再起業や復活を目指す経営者限定のビジネスアイデアコンテストです。応募受付中、締め切りは5月8日まです。賞金総額は500万円をご用意致しました。再チャレンジの事業資金として活用して頂ければと考えております。応募要件については、下記の方が対象です。法人格やビジネス領域は問いませんので、事業化したいビジネスアイデアをお持ちであればご応募いただけます。詳細はコチラへ(関連リンク)。
・倒産等の経験があり、これから再起を計画中の元経営者
・倒産等の経験があり、すでに再起業した経営者
・倒産はしていないが実質倒産状態にあり、再掲を計画中の経営者

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ