このページの本文へ

創業84年のスタートアップ?! あの日産がWantedlyでUXデザイナーを募集する理由

2017年04月12日 08時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

あの日産自動車が、UXデザイナーを求人サイト「Wantedly」で募集している。スタートアップの採用情報が並ぶなか、異彩を放つ「創業 1933年12月」の文字。なぜ老舗製造業である日産自動車が「Wantedly」で人材を募集しているのだろうか。そして自動車メーカーのUXデザイナーとはどんな仕事なのか? 同社コネクティドサービス本部ユーザーエクスペリエンス企画部の宮澤秀右(しゅうすけ)部長に話を聞いた。

老舗大企業に突如として持ち込まれたUXデザインの概念

——宮澤さんはソニーモバイルコミュニケーションズでウェアラブルやIoTプロダクトのUXデザイン監修や企画統括をされていたそうですが、なぜ日産自動車に転職されようと思ったのですか?

宮澤ウェアラブルやIoTプロダクトに携わるなかで、僕が実現したいユーザーが理想とするであろう世界観にクルマが追いついていないという思いが強くありました。クルマは日本の基幹産業でもあるし、市場も大きいので。だから、絶対に次はクルマが来るという確信があったんです。

でも転職エージェントさんが持ってくるのは、同業他社の話ばかり。それならと、日産自動車のホームページから、やりたいことに比較的近い募集要項を探して応募して、2015年11月に入社しました。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング