このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

日本マイクロソフトが概要を解説

すぐわかる、Windows 10 Creators Updateの新機能はこれだ!!

2017年04月11日 21時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 10からのゲーム配信が簡単かつ楽しい

 ゲーミング関係の機能に関しては、日本マイクロソフト Xboxゲーミング戦略本部 プロダクトマネージャーの森洋孝氏が説明した。「Windows 10自体がいままでで一番楽しいWindowsへというキャッチフレーズを持つ」と話し、改めてゲーミングを重視する姿勢を強調した。また「Xbox Play Anywhere」にも触れ、Xbox OneでWindows 10とUIが統合。どちらでも楽しめる点を紹介した。

ゲーム関連の設定はコントロールパネル内の専用項目にまとめられている。ゲームモードはデフォルトでオン

 ゲーミング関連の新機能としては、大きく2点。「ゲームモード」の搭載と、「配信機能」(ブロードキャスト)の追加だ。機能はWindows+Gのショートカットで呼び出せる。設定はコントロールパネルにもあり、ゲームモードを使うかどうかはオン/オフを選ぶだけとシンプルだ(標準ではオンになっている)。オンにすると、ゲームに対して優先的にリソースを割く、負荷がピークに達した際のフレームレートに加え、平均的な負荷の処理でもパフォーマンスが向上するとのことだ。

シンプルなUIで配信が始められる。細かな設定はWindows+Gで簡単に呼び出せる
配信設定を決める画面配信を観る側のディスプレー。配信画面の下側にクラクションやカメラ切替といったボタンがあるのが分かる

 配信機能は買収したBeamの技術を応用したもので、低遅延(1秒未満)とインタラクティブな配信がウリとなっている。低遅延は、配信しながらリアルタイムのチャットに応えられるといった意味でもメリットがある。配信者側が設定すると、例えば、配信画面の下にあるShowコントロール、インタラクティブボタンなどを活用して、自動車ゲームのクラクションを鳴らしたり、カメラアングルを変えたりといったことも可能に。いろいろなアイデアで配信中のゲームに視聴者が参加できる機能を開放して、コミュニケーションにつなげられるのだ。この機能はWindowsだけでなく、Xbox Oneなどでも利用できるようになる。

各社のWindows 10対応デバイスの紹介
Surface Bookの新モデルも予約受付中
Windows Vistaのサポート期限も本日終了した。Windows 7も2年半後に迫っている

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン