このページの本文へ

GoogleやLINEみたいなSMS二要素認証をTwilioでサクッと実装してみよう

2017年04月07日 13時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

GoogleのログインやLINEのアカウント登録時など、おなじみになったSMSによる二要素認証。クラウド電話APIのTwilioを使ってLaravel製アプリに手軽に実装する方法を紹介。

誰もがアプリケーションのセキュリティを心配しますが、真剣に受け止めて行動に移す人はほとんどいません。実際にセキュリティについて考えたとき、最初のステップとして頼りになる手法が二要素認証(2FA)です。

多くのユーザーは支払いやチャット、電子メールなどの重要なサービスに対して一般的で推測しやすいパスワードを使う傾向があるので、2つ目の要素としてテキストメッセージを使うことにも問題はあるものの、ユーザー名とパスワードの組み合わせだけで認証するよりは確実に安全です。

この記事では、Twilio SMSを使って二要素認証に対応したLaravelアプリケーションを構築します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング