このページの本文へ

これなら売れる!Webデザイナーがテンプレート販売で確実に稼ぐ3つの方法

2017年04月06日 08時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

フリーランスのWebデザイナーなら一度は挑戦したいのがWordPressやHTML/CSSなどのテンプレート(テーマ)販売。うまくいけば安定的な収入を得るチャンスでもあります。じゃあ、どうやって?

テーマのデザインで収益を上げられますか?

もちろん、デザインが良く、要求の多い顧客が満足するもので、購入後も顧客をサポートするテーマであれば、確実に収益を見込めます。しかし、計画が必要です。顧客のニーズとニーズにあったテーマを顧客がどこで買うのか把握する必要があります。今回はテーマ作成の3段階、販売・デザイン・サポートについて取り上げます。

どこでテーマを販売するか

テーマ作成者の多くは実在しない顧客層を求めているために、十分な収益を上げられないでいます。テーマをヒットさせるために、凝った新しいトレンドに挑もうと必死になっています。テーマ作成の3段階でなぜ「デザイン」より先に「販売」があるのか不思議に思うかもしれません。なぜなら、需要がどこにあるかを見つけ、顧客が求めているものを供給する必要があるからです。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く