このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第31回

かわいい猫に変装するなんて卑劣だぞ!

かわいい猫に変装したエイリアンから基地を守るタワーディフェンスゲーム「Kittypocalypse」

2017年03月31日 15時20分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのは猫に変装したエイリアンから基地を守る「Kittypocalypse」だ。UFOに乗って次々とやってくるエイリアンたち。それらを固定砲台を設置してなぎ倒していくタワーディフェンスゲームだ。3人称視点で上から見下ろすため酔いも少ない。ゲーム性も相まってかSteamでの評価は高めの作品になっている。

 ゲームはかわいい猫に変装して大群でやってくるエイリアンを次々と倒していく。タワーディフェンスゲームであるため、マシンガンやミサイルなどの重火器で応戦する。

 かわいい姿の猫を撃つのは少し可愛そうになることもあるが、それがエイリアンの戦略だ。倒したときは猫とは思えない体液をまき散らすので、慣れてくると猫とは思えなくなる。慣れるまでは心を鬼にして殲滅しよう。

 ステージは10種類以上用意されており、さまざまな風景が堪能できる。どのステージも細部まで作りこまれており見ているだけでも楽しめる。しかし風景に見とれているとあっという間にゲームオーバーになってしまうため注意が必要だ。

 各所に配置した武器は敵を倒すともらえるポイントで強化できる。最初は一門しかないガトリング砲もどんどん砲門が増えていく。アップグレードは複数種類あり、プレイヤーの好みでアップグレードできる。しかしアップグレードしても敵によっては効かないこともあるため、一つの武器でなくさまざまな武器を使いわけることが重要だ。

 猫が好きな人には心を痛めるためあまりおすすめできないタイトルだが、それ以外にもVRらしさがあまり感じられないなどの欠点もある。三人称視点でゲームは進み、ジオラマを眺める感覚は楽しめるが、ハンドコントローラーで介入するなどの要素はない。

 しかしタワーディフェンスゲームとしては難易度も高いわけでもなく、ゲーム初心者でも気軽にプレイできる。しかも倒したエイリアンは面白いくらいに派手に消滅するのでストレス発散にもなる。猫に恨みを感じたりしてしまったときにはぜひこのゲームをプレイしてほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!