このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

グラビア界最強のくびれとミリタリーが融合。川崎あやが人生初体験を語る!

2017年03月29日 19時00分更新

文● 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 驚異のくびれは、もはや向かうところ敵ナシ!! “くびれスト”こと川崎あやさんが、ミリタリー誌「月刊アームズマガジン 2017年5月号」(発売:ホビージャパン/1200円)の表紙に起用され、3月27日に秋葉原の書泉ブックタワーでサイン会が行なわれた。

 ミリタリー服に身を包んだ人気アイドルが、ライフルやハンドガンで武装……というのが同誌の表紙であるが、ウエストが52cmにシェイプアップされた川崎さんに合うよう、衣装は独自に採寸して作られたという。撮影は3月上旬に千葉県のフィールドで行なったとのこと。

――まずはミリタリー服を着てみてどうでしたか?

【川崎あや】迷彩柄の服は着たことがなかったんです。人生初! また新しい自分が発見できたなと思いました。

――表紙の撮影はいかがでしたか?

【川崎あや】こういう衣装を着ての撮影って、不思議な感覚ですよね。なんでもできそうな気がしました。フィールドは弾の音がすごかったです。

――M4ライフルを持ってみてた感想は?

【川崎あや】ものすごく重いです。私は腕の筋肉がないので、途中で休憩しないともうプルプル(笑)。

――それにしても、ウエストは54cmじゃなかったでしたっけ?

【川崎あや】52cmに細くなりました。あともう少しで51cmです。50cmを目標にして頑張りたいと思います。

 平日開催のイベントなのに、会場には多くのファンが詰めかけて大盛況。DVDのイベントにいつも参加してくれる顔見知り多数ということで、楽しそうに話す姿が印象的だった。今後の予定については、4月20日に8th DVD「愛しのあやカーブ」が発売されるほか、4月22日から映画「すんドめNew」の公開がスタート。保健室の先生役で、「ふだん言わないような過激なセリフもあるんですよ」と恥ずかしそうに話していた。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ