このページの本文へ

希望の定額で大学・研究機関に向けた、さくらのクラウド導入プログラム

2017年03月28日 17時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは3月28日、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)の「学認クラウド 導入支援サービス」利用者向けに、「さくらのクラウドの学術機関向け定額プログラム」の提供を開始した。

 学認クラウド 導入支援サービスは、大学・研究機関のクラウド導入や利用支援のため、NIIがクラウドサービスを検証し、その結果の提供やセミナー、個別相談を実施したりするサービス。

 今回の定額プログラムは、対象者が希望する定額料金でさくらのクラウドを利用できるというもの。大学・研究機関のクラウド導入において、毎月の利用料金の変動により予算申請が困難であるという課題を受け、サービス提供に踏み切ったという。

 最低契約期間は4月1日から翌年3月31日までの年度単位。料金は10万円/月から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』