このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

第7世代Core i3プロセッサー搭載の15.6インチノート

7万円以下でSSD搭載・ドライブ内蔵のノートPC『N1502K-310/T』は新生活にオススメ !

2017年03月30日 15時00分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

各種ベンチマークで性能をチェック

 ベンチマークに入る前に、製品スペックをおさらいしておこう。注目ポイントはやはり7万円以下でSSDの採用している点で、これがベンチマーク結果にどういう影響を及ぼすかは気になるところだ。

『N1502K-310/T』の主なスペック
CPUCore i3-7100U(2コア/4スレッド、2.4GHz)
OSWindows 10 Home
メモリー4GB(DDR3L、1600MHz)
ディスプレイ15.6インチ フルHD(1920×1080ドット、141.2dpi)、タッチ非対応
グラフィックスインテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)
ストレージ256GB SSD(SATA接続)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込み対応)
インターフェースUSB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI出力端子、D-Sub出力端子、SDカードリーダー、ヘッドフォン出力端子、マイク入力端子
本体寸法およそ幅374×奥行き259×高さ12~24.7mm
重量およそ2.1kg
販売価格6万7800円(税込)

 さっそくベンチマーク結果を見ていこう。

『CINEBENCH R15』のスコアー

 まずはCPUの計算性能を計測する『CINEBENCH R15』を使用した。スコアーはCPUマルチスレッドが187cb、シングルスレッドが85cbという結果になった。ハイエンドCPUと比べれば見劣りするが、安価なノートPCに採用されがちなCeleronやPentiumシリーズのプロセッサーよりは良好な結果が出ている。前述の通り、普段使いの作業であれば問題のない値だ。

『PCMark 8』(Home accelerated)のスコアー
2013年ごろの一般的なゲーミングノートPCと同程度のスコアーに。SSD搭載でスコアーが伸びている

 ウェブブラウジングやビデオチャットといった一般的な作業におけるPCのパフォーマンスを計測する『PCMark 8』(Home accelerated)のスコアーは2947で、ノートPCとしては比較的高めの値。“一昔前のゲーミングノートPC並み”という比較については、グラフィックス性能が劣る反面、普段使いに多大な影響を及ぼすSSDによるスコアーアップが効いた結果だと思われる。

『CrystalDiskMark 5.2.1』のスコアー。HDDを圧倒的に上回る結果

 ストレージ性能を計測する『CrystalDiskMark 5.2.1』の結果は、順次読み込みが毎秒534MB、順次書き込みが毎秒381MBという結果に(データサイズは1GiBで計測)。一般的なHDDは読み込み・書き込みともに毎秒100MBという場合が多く、およそ4~5倍の速度が出ていると言える。おそらく体感のパフォーマンスにはもっとも影響が出る部分なので、ここが高速なのはありがたい。

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク』で、画質設定が標準品質(ノートPC)、解像度1920×1080ドット、フルスクリーン、DirectX 9とした際の結果。当たり前だが、快適なプレイ環境とは言い難い
上記の設定から解像度を1280×720ドットに落とした場合、いちおう問題なくプレイできる。が、そもそもゲームPCではないので過度な期待は禁物

 想定される用途とは少し外れるのだが、PCゲーム性能を調べるべく『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク』も実行してみた。結果は、画質設定が標準品質(ノートPC)、解像度1920×1080ドット、フルスクリーン、DirectX 9の設定で1675(設定変更を推奨)、上記のまま解像度を1280×720ドットに落とした設定で2919(やや快適)となった。本来、3DグラフィックスのPCゲームをプレイするためには高性能なGPUが必要となるが、ゲームによっては解像度や画質を落とせばプレイできないわけではない。ただし、描画の重い場面ではそれでもカクつきが激しいこともあるので、過度な期待は禁物だ。

7万円以下でSSD搭載が強い『N1502K-310/T』!

 『N1502K-310/T』は、価格を7万円以下に抑えつつ堅実な性能を実現した据え置きノートPCだ。特にこの価格帯でSSDを搭載しているのが魅力で、豊富なインターフェースなどと相まって、ホームユース・ビジネスを問わず活躍できる。新生活を始めた学生・新社会人はもちろん、"とりあえず家に1台PCが欲しい”という人にも有力な選択肢となるだろう。



■関連サイト

提供:Project White

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ