このページの本文へ

Enterprise CloudでAzureが使える

NTT、マイクロソフトと協業しAzureなどのクラウドサービス展開

2017年03月28日 11時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズは3月24日、日本マイクロソフトと企業向けのハイブリッドクラウド基盤の共同開発・営業連携のため、2017年4月から協業すると発表した。

 日本マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」と、NTT Comが提供するクラウドサービス「Enterprise Cloud」を組み合わせ、エンタープライズ企業のユーザーがグローバル全域で一体的に利用できるハイブリッドクラウド基盤として、市場へ展開する。

 NTT Comが4月から、Azure Site Recovery、Azure Backup、Azure Virtual Machines、Azure StorageをEnterprise Cloudのオプションとして提供する。これにより、NTT Comが提供する管理ポータル「CMP」によるハイブリッドクラウド環境の一元管理、契約からサポートまで一元窓口対応が可能となる。

 さらに今後、AIを活用したビッグデータの分析機能といったMicrosoft AzureのPaaSを順次オプションとして加えていくという。

 また、中堅・中小企業向けにはOffice 365による働き方改革ソリューションの提供も開始。これにより、中小企業からエンタープライズ企業まで、より多くのユーザーの迅速・柔軟な事業展開に貢献するとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ