このページの本文へ

静止画や動画でショートムービー

アップルが提案する正方形ムービー簡単作成アプリ

2017年03月27日 17時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

静止画や動画でショートムービー

 iPhone 7(PRODUCT)REDや新iPadと同時に新発表となったのが、純正アプリの「Clips」。静止画や動画を使って、これ以上はないというほど手軽にムービーを作成できる。

画面下部中央にある赤いボタンを長押しすることで、数秒のムービーを撮影できる

 対象となる機種は、iPhone 5s以降、iPad Air以降、iPad mini 2以降、第6世代iPod touch以降と幅広く、無償で提供されるのもうれしいポイント。対応するiOSのバージョンは10.3となる。4月上旬にApp Storeで無償配布される予定だ。

記録したムービークリップはドラッグ&ドロップで入れ替え可能だ。タイムラインの概念は不要

アップルの独自技術を詰め込みまくったアプリ

 ショートムービーを作成できるアプリは数多いが、Clipsは内蔵するテクノロジーで一線を画す存在だ。例えば字幕機能は、ムービーを撮りながらスピーカーに向かって話した言葉がそのままテキストに自動変換される。これはアップルが培ってきた音声入力(音声認識技術)が使われており、かなりの精度で変換してくれる。しかも、話すスピードと字幕の表示スピードがシンクロするのだ。

音声を解析して字幕に変換する「Live Titles」機能を搭載。日本語を含む36言語に対応する。

 出来上がったムービーをシェアしたい場合はiOSではおなじみの共有ボタンをタップすればいいが、ここでもアップルのテクノロジーが光る。ムービー中で名前を呼んだ相手やムービーをシェアした回数が多い相手などを解析して、送信先として自動的にリストアップしてくれる。

撮影した動画や写真を、ハートマークなどであとから飾ることも可能だ

 Clips用のBGMも用意されているので、著作権を気にせずムービーに音楽を付けられるのも見逃せないポイントだ。もちろん、ムービーの長さに合わせてBGMが自動調整されていい感じになる。

ムービー中の音声やムービーをシェアした回数を解析する技術も搭載
現行モデルはもちろん、iOS 10.3以降が稼働するiOSデバイスで使える

※お詫びと訂正:記事初出時、対象機種の一部に誤りがありました。記事を訂正してお詫びします。(2017年4月7日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中