このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第243回

シャットダウンよりも再起動の方がリフレッシュ効果が高い

PCの調子が悪くて電源を入れ直しても変わらないときの解決法

2017年03月27日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「設定」から「電源とスリープ」を開き、「電源の追加設定」をクリックする

調査依頼
PCの調子が悪くて電源を入れ直しても変わらない

 何となくWindowsの調子が悪くなったら、まずは再起動してみる、と言うのが基本。しかし、やり方によっては意味がないので注意が必要だ。

左のメニューから「電源ボタンの動作の選択」をクリックする
「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックする

 そのまま、再起動すればいいのだが、シャットダウンしてから電源を入れ直すと効果が出ないケースがある。シャットダウンして完全にPCの電源を落とした方が何か、感覚的にはクリアになったような気がしそう。しかし、Windows 10の「高速スタートアップ」という機能が有効になっていると、環境のリセットができないことがあるのだ。

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックをオフにする

 高速スタートアップとは、Windows 10のシャットダウン時にPCにつながっているデバイスの状態を、HDDやSSDに保存する機能のこと。次回起動時にはこのイメージを読み込むので、起動時間が早くなるのだ。しかし、何らかの不具合が起きている場合、デバイスドライバが初期化されないので、同じ状態で起動してしまうことになる。

調子が悪くなったら再起動。高速スタートアップが無効になっていれば、シャットダウンでもOK

 その点、普通に再起動するとデバイスドライバも初期化され、起動に時間はかかるものの環境はリセットされるので、調子がよくなるかもしれないというわけだ。少々起動時間が延びるのは構わない、というのであれば、高速スタートアップを無効にしておくことも可能。「設定」の「電源とスリープ」から設定できる。


これでズバッと解決!

 PCの調子が悪くなったら、まずは再起動を。高速スタートアップが有効になっているなら、シャットダウン・電源オンでは意味がない。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン