このページの本文へ

1080PフルHDの高画質撮影と記録画角120度の高視野角に対応

バックカメラ付きルームミラー型ドライブレコーダー「DN-914257」9999円

2017年03月17日 19時30分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は3月17日、バックカメラ付きルームミラー型ドライブレコーダー「DN-914257」を発売した。価格は9999円。

 バックカメラにより前後同時録画に対応し、5型のモニターで映像の確認ができる。また、バックする際はガイドバーが表示され、見づらい後方の安全を確認できる。前方車両との車間距離が近すぎたり、車線から外れたりした場合にアラームで危険を知らせるADAS(安全運転支援機能)も備えている。

 カメラは、高感度CMOSセンサーを搭載し1080PフルHDの高画質撮影と記録画角120度の高視野角に対応。レンズは360度可動して最適なアングルに調整ができる。夜間やトンネルなどの暗い場所でも、自動で明るく補正するHDR機能を搭載している。

 サイズは幅320×奥行き42×高さ82mm、重量はおよそ325g。電源は入力/DC12V、出力/DC5V 1.5A。内蔵バッテリーは600mAhリチウムポリマー。画面サイズは5型フルカラー(854×480ドット)、記録媒体はmicroSDカードで、最大32GB(クラス6以上推奨)。レンズ視野角は前カメラ150度/後カメラ70度、記録画角は前カメラ120度/後カメラ60度、動画解像度は前カメラ1080P、720P/後カメラ720P。動画形式はH.264(MOV)、静止画形式はJPEG。カラバリはブルーとクリア。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ