このページの本文へ

DSD対応のマルチコーデックコンパクトハイレゾプレーヤーが登場

2017年03月16日 15時06分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラは3月16日、上海問屋からDSD対応のコンパクトハイレゾプレーヤーを発売した。価格は1万2999円。

 片手で操作できる手のひらサイズで、ボリューム操作はダイヤル式なのが特徴。

 再生フォーマットを選ばないマルチコーデック仕様で、SACDに採用されているDSDフォーマットを含む、PCMの非圧縮形式WAVや、可逆圧縮形式FLAC/ALAC/APEでのロスレス再生、非可逆圧縮形式MP3/WMA/OGGに対応。

 本体サイズは、幅58×奥行き15.5×高さ92mmで、重量がおよそ168g。内蔵メモリーは8GB、対応メディアはmicroSD(最大256GB)、充電時間はおよそ3時間、MP3連続再生時間はおよそ100時間。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ