このページの本文へ

せきゅラボ研究結果第17回

速度制限にもう悩まない! しかも安価でセキュアな環境も実現

エンタメフリー&セキュリティ強者のBIGLOBEで光とスマホをアップデート!

2017年03月29日 11時00分更新

文● 清水学 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月末恒例“速度制限”からの解放!――エンタメフリー・オプション

 まずはモバイル回線の見直しから。

 ビッグローブでは、昨今のネット事情として「スマートフォンからの動画視聴がとても増えている」と考えているそうだ。特にYouTubeの割合がとても多く、若年層の伸びが顕著だという。最近では動画視聴に加えて、音楽の定額配信サービスの利用も急増している。日本レコード協会の調査によれば2016年における定額配信サービスの国内売上はシングル曲の配信売上を超えて200億円規模に達している。

 ユーザーにとって、月額1000円程度で楽曲聴き放題というのはありがたいサービスである。一方で、あっという間にデータ通信量の制限に達してしまうという悩みと表裏一体だ。

定額配信のエンタメ系サービスは大人気だが、スマホのデータ通信量をGB単位で消費する一面も。毎月下旬以降は速度低下で使い物にならないとお嘆きの方も多いのでは?(画像はビッグローブのエンタメフリー解説サイトから)

 たとえば多くのストリーミングサービスでは高音質配信に相当する「192kbps以上の楽曲」を1日2時間ずつ1ヵ月間通しで聴くと約5.1GB超。360p画質のYouTubeを1日1時間ずつ1ヵ月間観ると約7.2GBにまで達してしまう結果も出ているそうだ。合計で12GB以上消費する計算になる。最近人気の大容量データ通信パックを契約してもこれでは焼け石に水ではないか?

 そこで活躍するのが、BIGLOBE SIMのサービスに追加して使う“エンタメフリー・オプション”だ。

 スマートフォンの性能が上がり、手軽に動画や音楽が楽しめるようになったことで、インターネット上の動画コンテンツも充実してきた。しかし、スマートフォンで視聴し続けていると、パケット使用量も確実に上昇してしまう。「これはユーザーにとっても不幸ですし、動画や音楽サービスを提供している企業にとってもチャンスロス」だとビッグローブは話す。

 この問題を解決するサービスがエンタメフリー・オプションとのこと。これから先、さらに動画コンテンツがブレイクしていくだろうと予測されるインターネット市場のなかで、お客様のニーズを先取りできていると思っているという。

毎月480円の追加料金で、格安SIMで動画が見放題に!?

 このエンタメフリー・オプションは、BIGLOBEが提供するMVNO(格安SIM)である「BIGLOBE SIM」のオプションサービスだ。月額480円(データSIMの場合980円)支払うと、YouTube、AbemaTV、Google Play Music、Apple Music、Spotify、そしてAWAといった対象のサービスを、データ通信料の上限を意識せず、見放題にできるサービスだ。

 試しに、通常のキャリアSIMが挿さったAndroid端末と、BIGLOBE SIMを挿したSIMフリーのiPhone 6sで実験してみた。YouTubeのアスキーチャンネル動画を数時間視聴したときに、果たして、データ通信量がどのように変わるのか?

 2台の端末でほぼ同じ時間、動画を流しっぱなしに。スマホ側の表示では通信量に違いはないようだが、BIGLOBE SIMの会員ページからデータ通信量を確認すると……確かにYouTube視聴で使ったハズのデータ通信量が加算されていない!

実験のために両方ともYouTubeのアスキーチャンネルへアクセス。数時間、動画を再生した
キャリアSIMのスタート時点のデータ使用量は59.01KBだったが……数時間後には315MBまで増加している
BIGLOBE SIMを挿したSIMフリーのiPhone 6sは……動画視聴分が増えていない!

 最近では、アーティスト公式のPV(プロモーションビデオ)などを大量に登録した再生リストを流しっぱなしにして作業用BGMにするヘビーユーザーもいるという。

 そこまでヘビーでなくとも、SNSのタイムラインにYouTube動画が貼られていることも増えてきた。そう考えれば、ほぼすべてのユーザーが恩恵を受けられるサービスと言える。そして最近日本上陸した、世界最大のシェアを持つ定額音楽配信サービスSpotifyへの対応も見逃せない。また3月27日には、1200万人以上の利用者を擁するAWAへの対応も発表された。

 このようにデータ通信量の問題を一気に解決してくれる便利なエンタメフリー・オプション、現状はYouTubeをはじめとする5サービスのみの対応となっているが、「女性向け、若者向けなど、様々な属性の方に利用されるよう、新しい提携先とも協議を進めている段階」とのこと。今後ますます充実したサービスになっていくだろう。

 このエンタメフリー・オプション、BIGLOBE SIMのオプション(6ギガプラン以上)ではあるが、ビッグローブ光とセットで申し込むことによってさらにお得に使える。自宅でスマホを利用する場合にはWi-Fiを使い、その分データ通信量を節約できるだけでなく、画質もHDで見放題だ。そして、セットで使えば毎月300円の割引まで発生する。

ビッグローブ光+BIGLOBE SIMをセットで使うとこんなにお得!

ビッグローブ光「ひかり」コース(2年プラン)
・ファミリータイプ:5180円/月
・マンションタイプ:4080円/月
       
BIGLOBE SIM月額利用料(エンタメフリーは6ギガプラン以上で利用可能)
 3ギガプラン:700円
 6ギガプラン:1250円
 12ギガプラン:2500円
 20ギガプラン:4300円
 30ギガプラン:6550円
       
ビッグローブ光とBIGLOBE SIMを一緒に使うと「毎月300円(年3600円)」の割引が!

利用可能なプランと「エンタメフリー・オプション」料金
利用可能なプラン 6ギガプラン、12ギガプラン、20ギガプラン、30ギガプラン (シェアSIMを含む)
音声通話SIM利用時の
「エンタメフリー・オプション」
月額利用料金
(SIM1枚ごと)
月額480円(税別)
データSIM利用時の
「エンタメフリー・オプション」
月額利用料金
(SIM1枚ごと)
月額980円(税別)
対象サービス YouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、Spotify、AWA(2017年3月27日現在)

対象サービスの有料コンテンツ、また有料プランの場合は各社への支払いが必要です。

5つの定額配信サービスのうち、どれかを愛用しているなら断然、BIGLOBE SIM+エンタメフリー・オプションがオススメだ

 エンタメフリー・オプションでデータ通信量を気にせず動画や音楽を楽しむだけでなく、自宅の通信環境も一緒に見直すことで、よりお得に通信環境を整えられるBIGLOBEの接続サービス。さらに、スマホでもPCでも、安全にインターネットを楽しむには必須のセキュリティについても、安心のサービスを提供している。それが次に紹介する「セキュリティセット・プレミアム」だ。

この特集の記事
30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


新世代のセキュリティサービス「マカフィー リブセーフ」に迫る

一覧へ

McAfeeウイルス駆除サービスバナー

McAfeeウイルス被害疑似体験サイトバナー

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから