このページの本文へ

AI・ディープラーニング向けGPU搭載クラウドサーバーを無償提供

チームラボとIDCフロンティア、人工知能分野の研究支援を開始

2017年03月14日 16時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
支援プログラムの流れ

 チームラボとIDCフロンティアは3月14日、人工知能やディープラーニングなどの分野での研究を行なう学生向けに研究支援プログラムを開始。応募の受付を開始した。

 大学生や大学院生に向けた支援プログラムで、対象は5チーム(団体または個人)。研究内容の資料提出により応募、審査によりAI・ディープラーニング向けGPU搭載クラウドサーバーを5カ月間、無償提供する(1研究室あたり100万円相当)。

 クラウドサーバーは「IDCF クラウド GPU BOOST タイプ Tesla P100 」(NVIDIA Tesla P100×1を採用する)。応募締め切りは4月30日、5月31日までに提出物審査と面談を行ない、6月頃より提供開始する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

【ニコ生】あなたの知らないSLIの世界in福岡

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ