このページの本文へ

全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて、今春発売

ワコムの4096階調筆圧感知ペン付き! サードウェーブの8型Windows 10タブレット

2017年03月14日 14時30分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは3月14日、筆圧感知ペン付き8型Windowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を発表した。全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて、今春発売する。

 raytrektab DG-D08IWPのOSはWindows 10 Home。普段絵を描くときに使用しているWindows 10対応アプリを、一般のパソコンと同じようにインストールして使うことが可能。簡単にカバンに入る8型サイズのため、出先などでいつでもスケッチブックのように絵が描けるとしている。

 筆圧感知ペンは、ワコムのWacom feel IT technologiesを採用。4096階調の筆圧感知とレスポンスの良さで、本物の紙に描いているようななめらかな描き心地を感じさせるという。また、標準でペンに入っている芯のほかに、マーカーのような描き心地のフェルト芯、より紙に描いている感覚に近い粘り気のある描き心地のエラストマー芯の計3種類を用意。

 同タブレットは絵が描けるだけでなく、ペンによるタッチ操作、指によるタッチ操作、Bluetoothキーボードやマウスを接続しての操作と、アプリの種類によって使い分け、さまざまな用途に使用することが可能だ。

 CPUはAtom x5-Z8350 プロセッサー、メモリーは4GB DDR3L、ストレージは64GB eMMC。インターフェースはmicro USB×1(給電兼用)、micro HDMI×1、ヘッドフォン出力×1、microSDカードスロット(SDXC)。サイズはおよそ幅214×奥行き128×高さ10.1mm。価格は4万9800円。

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ