このページの本文へ

NTT Com、企業向けクラウドサービスEnterprise Cloudのメニューを拡充

2017年03月09日 16時27分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズは3月9日、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」で提供中の「Power Systems(旧称 :「Powerオプション」)」において、基幹システムのメニューを拡充した。

 Power Systemsは、Enterprise Cloudの共有型Cloudや専有型Hosted Private Cloudと、低遅延ネットワークで接続されており、ユーザーはPower Systemsのクラウド移行に合わせて、柔軟なハイブリッドクラウド環境の構築が可能なオプションサービス。

 今回、基幹システムに求められるニーズに対応するために追加されたメニューは「AIX対応メニュー」、「ライセンス監査レポート作成メニュー」、「外部接続ゲートウェイメニュー」の3つ。

 AIX対応メニューは、UNIX系OSであるAIXに対応したコンピュートリソースをクラウドサービスとして提供することで、可用性や信頼性の高いシステム基盤の利用が可能だという。

 ライセンス監査レポート作成メニューの提供では、IBMソフトウェアの利用状況を計測し、監査レポートの作成により、ソフトウェアライセンス利用契約に必要なレポート報告書の作成負担軽減など、運用コストの削減ができるという。

 外部接続ゲートウェイメニューは、EDI接続による取引先とのデータ交換ができ、EDI接続をする取引先との柔軟な接続変更・追加などが可能だという。

 価格は以下のとおり。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ