このページの本文へ

広告主に対してより細やかな「人ベースの広告効果測定」を影響

Facebook、より高度な広告効果測定を開始

2017年03月09日 09時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「より高度な広告効果測定をすべてのビジネス」

 Facebookは3月8日、同社の広告効果測定ツール「Atlas」をアップデートし、さらに細かな効果測定を広告主に向けて提供すると発表した。

 同社のAtlasは、広告がどのようなユーザーに届いたのか、どのメディアがブランディングや売上に貢献したのかを測定する機能。Facebookでは世界の広告主300社以上と共にキャンペーンの効果測定を実施、得られたインサイトを事業規模の大小を問わず広告主に反映するとしている。

とくに近年では1人の利用者が複数のデバイスを用いることも多く利用者数の把握は難しいが、Facebookではデバイスを紐付けてデバイス間の差を埋めた広告効果を測定。また、FacebookやInstagram、Audience Network間の比較、その他のパブリッシャーも含めたキャンペーンの効果も容易になるという。

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション
ピックアップ