このページの本文へ

宅配便の再配達の手間を削減、受け取りの手間も低減

パナソニック、宅配ボックス「COMBO」ラインナップ拡充

2017年03月07日 17時36分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
COMBO-F(左)、COMBO-Maison(中央)、COMBO-F(右)

 パナソニック エコソリューションズは3月6日、宅配ボックス「COMBO(コンボ)」シリーズのラインナップを拡充した。4月3日に発売する。

 宅配便の再配達削減に貢献する宅配便受け取り用のボックスで、アパート用、ポスト兼用戸建住宅用、住宅壁埋込み型を3種を追加。アパート用の「COMBO-Maison(メゾン)」は複数世帯で使用でき、暗証番号方式のため鍵も不要。戸建住宅用の「COMBO-int(イント)」はポスト一体型、「COMBO-F」は住宅壁埋め込み専用で家の中から取り出せる方式。

アパート用COMBO-Maisonは個々に暗証番号を設定可能(左)、COMBO-intは部屋の中から荷物を取り出せる(右)

 いずれも電気を使わない押印機能を搭載する。価格は、COMBPO-Maisonは6万9500円~11万1500円、COMBO-intは17万5000円、COMBO-Fは10万98000円/12万500円(いずれも税別・工事費別)。

カテゴリートップへ