このページの本文へ

全日警と業務提携により

月額500円から利用できる防犯事業「スマートルーム セキュリティ」首都圏で警備員駆けつけサービス開始

2017年03月07日 14時55分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 家庭向け防犯事業「スマートルームセキュリティ」を展開するプリンシプルは3月6日、全日警と業務提携し、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県で、警備員の駆けつけサービス開始を発表した。

 スマートルームセキュリティは、室内に設置した小型の専用機器が不審者の侵入により異常を感知して警報が鳴り、事前に登録した連絡先にメールやアプリで通知するというもの。月額540円から利用できる。

 これまで九州地区限定のオプションサービスとして、異常事態発生の通知を受けた契約者からの依頼によって警備員が現場に駆けつけるサービスを提供してきた。

 今回、九州地区以外のユーザーからの駆けつけサービスに対する要望を受け、首都圏一都三県でサービスを開始するにいたった。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

電玉バナー(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ