finbee、銀行口座連動で自動貯金アプリ

文●ガチ鈴木/ASCII STARTUP

2017年03月07日 07時00分

『finbee』は自動で、銀行口座と連携して目標や期日などを設定で貯金できるスマートフォンアプリだ。日本で初めて銀行系API機能を実装したサービスで、ネストエッグが開発、運営している。

 おもな機能は「毎週月曜日に2000円貯金」など設定した頻度と金額で貯金できる“つみたて貯金”、提携するデビットカードで支払った際に設定したおつりをそのまま貯金する“おつり貯金”、1日に決まった歩数を歩いた、もしくは歩かなかった場合に貯金する“歩数貯金”など、生活の中に貯金を取り入れて、無理のないカタチでお金を貯められるサービスだ。

 また“シェア貯金”を使えば、メールやLINEでいっしょに貯金する相手を招待して、「旅行に行く」、「新しい家電を購入する」など目標と金額を設定して、いっしょに貯金をためていける機能も実装している。

 現在、連携接続する銀行口座は住信SBIネット銀行のみとなっているが、複数の銀行、金融機関などと連携していく予定とのこと。また貯金額に応じてアライアンス企業からクーポンがもらえるなどのサービスの実装も予定している。今後、銀行API提供の波は各行にも波及していくはず。サービス連携、拡大に期待したい。

■関連サイト
finbee

■関連記事