このページの本文へ

「CGWORLD×ELSA×SENSE∞ by iiyama」コラボモデル、大容量32GBメモリー

Ryzen 7 1800XとELSA製グラボ搭載、CG制作制作向けデスクトップ2機種

2017年03月06日 19時10分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Ryzen 7を搭載するCG制作向けデスクトップパソコン「CGWORLD×ELSA×SENSE∞ by iiyama」コラボモデル2機種が販売開始

 ユニットコムは3月3日、Ryzen 7を搭載するCG制作向けデスクトップパソコン「CGWORLD×ELSA×SENSE∞ by iiyama」コラボモデル2機種の販売を開始した。

 両機種とも、CUDAを用いたレンダリング処理ができるように、ELSA製グラフィックボードを標準で搭載。VRAM容量の多いグラフィックボードにより、4Kクラスの高解像度テクスチャーや、ポリゴン数の多いモデルも快適に扱えるという。ラインアップは、「SENSE-R0X3-R8X-LX-CMG」「SENSE-R0X3-R8X-RNL-CMG」。

両機種ともミドルタワーケースを採用

 SENSE-R0X3-R8X-LX-CMGは、Ryzen 7 1800X、GeForce GTX 1050 Ti(4GB GDDR5)、X370チップセット、32GBメモリー、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は700Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は18万338円。

 SENSE-R0X3-R8X-RNL-CMGは、Ryzen 7 1800X、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、X370チップセット、32GBメモリー、480GB SSDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は700Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は21万2738円。

■関連サイト

カテゴリートップへ