このページの本文へ

IT活用でワークスタイルを変革する!! 第3回

"労働時間短縮"の決め手は2in1、PC活用で「業務効率」を上げる技

2017年03月16日 11時00分更新

文● 清水学 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2in1 PCでモビリティを高め、セキュリティも確保

 さて、VersaPro タイプVSのような2in1 PCが効果を発揮するのは、必要に応じてノートPCとタブレットPCの切り替えができること。会議や外出時にはキーボードを取り外し、タブレットPCとすることで、荷物の負担は小さくなる。また、広視野角のディスプレイとなっているため、数人の打ち合わせで、同じ画面を囲むように見たり、ペンを使ってちょっとしたメモを書き込んだりといった使い方も可能だ。

 薄さ11mmの本体は、カバンのすき間にも入れやすい。本体重量も約782gと持ち運びやすい。ちょっとした隙間時間で作業を進めたり、無線LAN環境があれば移動の間にメールの送受信を行ったりと、時間のロスをなくせるはずだ。

※リチウムイオンバッテリ(M)搭載時

 筐体にカメラを備えている点もポイントの一つで、打ち合わせの際に記入したホワイトボードを撮影してメモ代わりに使ったり、訪問先の状況などを写真撮影して共有したりといったことも可能になる。

 一方、自席ではキーボードを活用して、資料作りなどに没頭できる。

 画面サイズは11.6型のため、会議やプレゼンの資料作りには少々小さめではあるが、ドック機能付きキーボードにはHDMI出力端子を搭載しており、大きな画面のセカンドディスプレイを接続することができる。

セカンドディスプレイを導入することで、片方の画面に資料や情報を表示しながら作業を続けられる。

 ここで活用したいのが「MultiSync® EXシリーズ」だ。23.8型のワイド液晶ディスプレイで解像度は1920×l080(フルHD) となる。ベゼル幅0.8mmの4辺狭額縁のため、見た目も非常にすっきりとした印象だ。セカンドディスプレイとして活用することで、VersaPro タイプVS本体でメールの送受信などを行いながら、資料作成を続けるといった使い方ができ、効率もアップする。

セカンドディスプレイを縦画面にしたところ。長いスクロールが必要なウェブサイトなどでも情報の一覧性が高い。

 また画面を90°回転させることができるので、ディスプレイを縦長にすることで、縦スクロールが必要な資料の表示や編集がしやすくなる。

画面を90°回転できるピボット機能を備えており、シチュエーションに合わせて縦、横の設置が選択できる。

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

【ニコ生】AMD新CPU Ryzen大解説

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
アスキー・ビジネスセレクション
ピックアップ