このページの本文へ

上海問屋「Windows Hello対応 USB指紋認証リーダー」

サッと高速認証する「Windows Hello」対応の認証リーダーが上海問屋から

2017年03月04日 22時31分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、Windows 10がサポートする生体認証機能“Windows Hello”に対応する、「Windows Hello対応 USB指紋認証リーダー」(型番:DN-914727)が登場。ドスパラ秋葉原本店で販売中だ。

“Windows Hello”に対応する「Windows Hello対応 USB指紋認証リーダー」

 この製品は、Windows 10に搭載されいている生体認証“Windows Hello”で指紋認証ができる、USB指紋認証リーダー。毎回、面倒だったログインが、センサー部分に指をタッチするだけで1秒もかからない高速ログインが可能になる。

 本体は角度を気にせず360度どの方向からでもタッチすれば指紋を認証。指紋でユーザーを識別するため、専用ソフト不要でマルチユーザーで共有できる。

5円玉サイズの本体は小型で、USBポートに差したままでも邪魔にならない

 インターフェースはUSB2.0。FRR(本人を認識せず拒否する割合)は3%、FAR(他人を誤って受け入れる割合)は0.002%。サイズは14(W)×20.6(D)×8(H)mm。価格は4629円(税抜)だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ