このページの本文へ

AWSやAzureでのアプリ運用で組み合わせるストレージサービス「Nimble Cloud Volumes」

2017年03月06日 07時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Nimble Storage Japanは3月3日、米Nimble Storageのマルチクラウドストレージサービス「Nimble Cloud Volumes」を提供を開始すると発表した。

 Nimble Cloud Volumesは、Microsoft AzureやAmazon Web Servicesでビジネスアプリケーションを運用する際に必要となる、クラウドサービスと組み合わせて利用可能なストレージサービス。

 業務アプリケーションなどのトランザクションワークロードの、ストレージに対する厳しい要件を満たし、幅広いビジネスアプリケーションのパブリッククラウドへの移行を促進するとうたう。

 クラウドサービスのシンプルさと、エンタープライズアプリケーションに必要な機能を備え、コンピューティングはパブリッククラウドを利用し、ストレージはNimble Cloud Volumesを利用できる。

 また、容量の消費を抑えるゼロコピークローンをパブリッククラウドに作成して、テスト、開発、分析、バーストも可能。

カテゴリートップへ

ピックアップ