このページの本文へ

来店した客の性別年齢、どこをどう回って何を買ったかを可視化してマーケティング利用に

NEC、画像解析で来店した客の行動を解析するサービスを販売開始

2017年03月01日 17時06分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「人物行動分析サービス」サービス利用イメージ

 NECは3月1日、店舗内のカメラから来店した客の行動を可視化して分析する「人物行動分析サービス」を販売開始した。

 流通・小売業全般のマーケティング用途として販売されるもので、同社独自の画像解析技術を活用して店舗内のカメラから来店社の性別や年代、移動履歴や滞留状況を把握して分析する。

分析データイメージ

 来店者数やPOSによる販売実績といった店舗のマーケティングに加え、来店者の性別年齢や滞留状況を可視化できることから、商品棚や店舗のレイアウト設計、顧客の行動にあわせたキャンペーンといった施策が可能となる。

 分析結果はウェブブラウザで利用可能なクラウドサービスとして提供できるため、出先の店舗などからも分析結果が分かりやすい。価格は1店舗につき22万円より(税別)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』