このページの本文へ

成長が見込まれる分野は…

2021年までにVRヘッドセットが1億台出荷されるとABI Researchが予想

2017年03月01日 13時28分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ABI Researchは、2015年から2021年に出荷されるVRヘッドマウントディスプレー(HMD)の総出荷台数が1億1000万台になると、レポート「Augmented and Virtual Reality Devices and Enterprise Verticals」の中で予想した。

 Gear VRやGoogle CardboardなどのモバイルVRヘッドセットは、コスト面やモバイル設計によって、Oculus、HTC、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのVRHMDの出荷台数を大きく上回って、すでに数百万台に達したと推計されている。

 スマホを装着するモバイルVRが普及のカギであると専門家の多くが予測する中、ABIリサーチはモバイル向けの年平均成長率が42%としか予測していない。

 代わりに同社が今後伸びると予想したのは、スタンドアローン型VRデバイスだ。2021年までに年平均成長率が405%に達すると予想している。

Pico Neo CV

 スタンドアローン型VRデバイスとは、外部PCや互換性のあるスマートフォンを必要としないデバイス。最近発表されたPico Neo CVなどがそれにあたり、コストを削減し、使いやすさを高めるためにすべてのコンポーネントが内蔵されている。スタンドアローン型ヘッドセットは、特に中国企業を中心にアジア市場で成長し始めている。

モバイルからスタンドアローンへ、2021年の総市場規模は10億ドルと予測

 スタンドアローン型VRヘッドセットの普及により、ABIリサーチは2021年には総市場規模が10億ドルになると予測した。

「モバイルVRは過去数年間にわたって普及に貢献してきたが、スタンドアローンのVRデバイスは最終的により普及を推進する」と、ABIリサーチの上級アナリスト、Eric Abbruzzese氏は述べている。

カテゴリートップへ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!