このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信第331回

ロンドンで買ったプリペイドSIMがバルセロナでも使える! ヨーロッパ周遊SIMを自販機で購入

2017年03月02日 09時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界の一部の空港には、プリペイドSIMの自動販売機が設置されています。その中でも有名なのが、ロンドンのヒースロー空港に設置されている販売機。

 イギリスはプリペイドSIMを利用する際、ユーザー登録が不要のため、自動販売機で購入してすぐに使い始めることができます。ロンドンに到着後、市内に出る前に通信回線を確保できるのは便利です。

ヒースロー空港名物のプリペイドSIM自動販売機。T3に設置されている

 しかし、1〜2年前からヒースロー空港には携帯電話・SIM販売のチェーン店「SIMLocal」が進出し、そちらでもプリペイドSIMを売るようになりました。

 自動販売機で取り扱っているものより価格は割高なのですが、その場で説明を聞きながら買えるとあって、いまでは自動販売機を使う人の姿は減っているようです。

 自動販売機で売られているプリペイドSIMは、安いものは10ポンド(約1400円)と手軽に買えるのも魅力のひとつ。ところが、1年くらい前から自動販売機の中身もSIMLocalが販売するSIMに置き換わり、最低でも20ポンド(約2800円)と、割高なものしか買えなくなってしまったのです。

 もちろん、利用できるデータ量は増えていますが、手軽に買えるSIMが無くなってしまったのはちょっと残念です。

空港内に出店するSIM Local

 さて、2017年2月下旬、MWC 2017の取材途中で久しぶりにヒースロー空港へ立ち寄ったところ、新しいプリペイドSIM自動販売機が設置されているのを発見しました。

 大型化され、しかも、SIM以外に端末も取り扱っています。現地用のルーターや携帯電話、スマートフォンを入手したい人にとって、これは有用かもしれません。

2017年になり、新型のSIM自動販売機が登場!奥の旧型よりも大型化

 取り扱っているプリペイドSIMは、3UKの12GB対応が30ポンド(約5200円)、EEの10.5GB対応が20ポンド、MVNOのLebaraのものが20ポンドの3種類。なお、Lebaraを買うなら自動販売機向かいにあるコンビニのWHSmithに、より低価格な料金のものも売られています。

自動販売機で売られるEEとLebaraのプリペイドSIM

 端末はルーターが3種類。EEの6GBデータSIM付きの「Osprey 2 Mini」が60ポンド(約8400円)、これにはSIMロックがあります。

 そして、SIM Localが販売する世界各国で使えるバーチャルSIM搭載のグローバルルーターが80ポンド(約1万1200円)、ファーウェイのSIMフリールーター「E5330」が75ポンド(約1万500円)。

 ほかにアルカテルの携帯電話が2種類、スマートフォン「Pixi 4.5」が100ポンド(約1万4000円)、「Lumia 550」が145ポンド(約2万300円円)。スマートフォンはやや前の製品なのでスペックからするとちょっと割高かもしれません。

ルーターやスマートフォンも販売

 せっかくなので自動販売機でSIMを買ってみました。購入したのは3UKの12GBのSIM。イギリス国内だけで使うなら、EEのSIMが10.5GBで10ポンド安く買えますが、3UKのSIMは海外でもそのまま使える「Feel At Home」というサービスが提供されています。これはイギリス内の無料データ分を、そのまま海外でも使えるというもの。対応の国と地域は44ヵ所。今回の渡航先であるスペイン(バルセロナ)もカバーされています。

3UKのSIMでデータ通信を共用できるFeel At Home対応国3UKのプリペイドSIMを購入。12GBを海外でも利用できる

 さっそく、まずはバルセロナの前に立ち寄ったギリシャのアテネでテスト。通信事業者はCosmoteをつかみ、回線速度は3Gでした。しかし、ローミングをONにするだけで、ロンドンで買ったSIMがそのまま使えるのはいいですね。

まずはアテネで使ってみた。接続は3G

 続いてMWC 2017の開催されるバルセロナで電源をオン。通信事業者はMobistar、接続はこちらも3Gでした。LTEにつながらないのはちょっと残念ですが、動画の視聴や配信でも行なわない限り、十分使えるでしょう。

 ただし、海外ではテザリングができないので、挿したスマホをルーター代わりに使うことはできません。それでもヨーロッパを周遊する際は便利に使えるでしょう。

バルセロナでも問題なく使えた。4Gでは無いのが残念

 EUはローミング料金の撤廃を今年夏に控えています。いずれはほかの国でも同様のプリペイドSIMが販売されるようになるでしょう。

 ただし、ドイツやスペインのようにユーザー登録が必要な国でSIMを買うのはやや面倒なもの。ロンドンなら登録不要、自動販売機でも買えるので、ヨーロッパ周遊を考えている人に3UKのSIMはオススメですよ。

ロンドンに行ったら自動販売機でSIMを買ってみよう

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

人気PCゲーム実況しまくる「ゲーマーへの道」

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART