このページの本文へ

ゲーミング最上位モデルから1万円以下の低価格モデルまでラインアップ

AMD Ryzen対応のX370/B350搭載マザーボード7モデル3月3日発売

2017年02月27日 13時04分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マスタードシードは2月24日、ASRockのAMD Ryzen対応X370/B350チップセットを搭載するマザーボード7モデルを3月3日から販売開始すると発表した。

Fatal1ty X370 Professional GamingX370 Taichi

 「Fatal1ty X370 Professional Gaming」は、AMD X370 チップセットを搭載するATX規格のゲーミングマザーボード最上位モデル。5ギガビットLAN、2つのM.2ソケット、ゲームへの没入感を強化するCreative SoundBlaster Cinema 3を搭載。電源回路にはIR製のデジタルコントローラーを採用して高性能かつ高精度の電源供給を実現した。発売日は3月3日で、市場予想価格は3万6698円前後。

 「X370 Taichi」は、オールラウンドタイプのTaichiシリーズでAMD X370チップセットを搭載したATX規格のモデル。インテルデュアルギガビットLAN、2つのM.2 ソケット、クリアな音質が特徴のPurity Sound 4を採用。ゲーミングやクリエイティブ、オーバークロックなどあらゆる用途に対応できる機能を搭載している。発売日は3月3日で、市場予想価格は3万1838円前後。そのほかのラインアップの仕様や価格などは以下の表の通りだ。



製品名チップセット規格市場予想価格発売日
Fatal1ty X370 Gaming K4AMD X370ATX2万1038円円前後3月3日
Fatal1ty AB350 Gaming K4AMD B350ATX1万5098円前後3月3日
AB350 Pro4AMD B350ATX1万3478円前後3月3日
AB350M Pro4AMD B350Micro ATX1万778円前後3月中旬
AB350M-HDVAMD B350Micro ATX9698円前後3月中旬


カテゴリートップへ